大阪を中心に関西でコロナ感染が激増している。これまで橋下知事以降の維新政治の結果、病院等の医療機関の縮小、廃止、民営化が続き、このコロナ禍で医療崩壊を招いてしまっている。橋下府政、市政は無論のこと、吉村知事、松井市長の責任はあまりにも重いと言わざるを得ない。吉村知事は毎日のようにテレビ出演を繰り返しているが、「やってる」感だけ。まるで他人事のような発言ばかりで、「やるやる詐欺」だ。「吉村、テレビに出るな!仕事しろ」とSNSで叩かれている始末。松井市長にいたっては、防護衣の不足に「雨ガッパ!」とわめいたきり、あとは「各自治体の判断にまかせる」と逃げ回っている。まことに無責任極まりない首長たちである。その裏で彼らは二度も「都構想ノー」をつきつけられたのに、公明党を抱き込み「府・市一元化条例」を市民にほとんど内容を知らせないまま、可決・施行した。まさに「火事場泥棒」ではないか。このこのご時世に、まだカジノ万博に執着している。本当に許しがたい。関西の私たちは今、「維新許すな」の声をさらにあげていこう。(「抵抗の旗」から)