8月6日の朝8時、平和公園。今年も身内の名前が刻まれた碑に行った。近くには「教師と子ども、全滅した川内村、中島町、韓国人慰霊碑」が並ぶ。広島市の式典と同時刻、それぞれの碑(いしぶみ)にゆかりの人たちが訪れ、非業の死を悼み自他の平和を祈る▼毎年の、川沿いの狭い道はロープが張られ、警察官が立ち、首相の車列が猛スピードで突っ走る。せめて徐行して当たり前ではないか▼なぜか、今年は通らない。あれ。コロナ対策あまりの不評に、さすが菅首相も官邸に籠もり専念か▼ところが出席、あいさつを読んでいた…が、120字ほど読み飛ばした!?「核兵器のない世界の実現に努力」という肝心な部分。核禁条約に一言の言及なし▼わざとか、もともと無関心、どうでもよかったのか。「糊が付着、めくれなかった。完全に事務方のミスだ」と(政府関係者に)釈明させる始末。あまりに、お粗末▼7日、中国新聞朝刊は、読み飛ばし部分をマーカーで色づけし、掲載していた。(根)