コロナワクチン2回接種後のブレイクスルー感染が大きな問題になっています。遺伝子組換え情報室の河田昌東先生は、昨年5月10日に以下のように書いています。

 「SARS−CoV−2の遺伝子はRNAウイルスの中でも最も大きく、表面の突起蛋白質(S) や殻蛋白質(E、M)だけでなく、様々な機能を持つ29種類もの蛋白質を作ることができる。その中にはSARS−CoV−2の感染力の強さの基になるものもある。例えばORF6遺伝子が作る蛋白質は、ヒト感染細胞がウイルスへの抗体を作るのを妨害する働きがある(16)。その結果、新型コロナSARS−CoV−2に感染しても免疫が出来にくく、感染履歴があっても抗体検査では陰性になることがある」

 今年3月15日、東京大学医科学研究所の佐藤佳・准教授らは、ウイルス感染に対する免疫応答の中枢を担うインターフェロンの産生を抑制する新型コロナウイルスのたんぱく質ORF6を発見したと発表しました。

 風邪を何度もひくように、コロナの免疫はつくりにくいのです。

 「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)によると「哺乳類や鳥類が保有する未知のウイルスは170万種類と推定され、うち63万1000〜82万7000種類はヒトも感染する恐れがある。ヒトの間で毎年5つ以上の新たな感染症が起こっており、パンデミックのリスクは急速に高まっている」「森林伐採をはじめ土地利用の変化や、食用や薬用のための取引・消費などによって、野生生物や家畜、ヒトとの間で接触が増えているのが原因」としています(20年11月6日 毎日新聞)。

 ワクチンだけに依存するパンデミック対策は危険であり、自然と人間の調和を取り戻さなければならないのです。