布施祐仁さん

戦争をしにいく国にさせない! 14日、京都市内で開かれた緊急学習会に200人が参加した。講師はフリージャーナリストの布施祐仁さん。(写真)布施さんは20年以上にわたって外交安保・軍事問題を取材してきた。昨年末、岸田内閣が安保3文書を改定したことについて、「一番重要なのは、(軍事的な)緊張を高めないことだ。米中の軍拡競争は戦争のリスクを高めるだけであり、一部の軍需産業を除いて、誰も得をしない」と話し、日本が戦場となる米中戦争を起こさせてはならないと強調した。必要なのは緊張緩和、信頼醸成、軍備管理による安定的な関係形成である。「ASEANはそれを実践している」と話した。